読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

xengineer’s diary

結果、メモ的な内容になっています。

SQLite3の使い方メモ

はいねもとです。

いつも忘れるのでメモ、今回はSQLiteについて、御苑のTully's Coffeeからお届けします。

僕は、MacOS使ってるので、MacOS対象だよ、と。

まずは、SQLite使ってて、補完使えない問題にぶちあたったので、その解消法。

SQLiteで補完が効かないYO !!

sqlite3でhistoryや補完が効かない - komagataのブログ

そのままのサイトがありました!

つまり、Android SDKをinstallしてる人は、そっちのsqlite3が使われちゃう、と。

記載の通り対応してみたけど、僕はこれやってもうまくいかず。

.bash_profileに下記を追記しました。

export PATH="/usr/local/Cellar/sqlite/3.14.2_1/bin:$PATH"

そしたら、rails に、readlineがない!!!!って怒られるようになって、

rails動かなくなっちゃった。(エラー内容は忘れました)

一旦、brew link でreadlineのsymbolic link作って、ruby再インストールで復活!!

$ brew link readline --force
$ rbenv uninstall 2.3.0
$ rbenv install 2.3.0

これで、.bash_profileをロードすればおっけーなはず。(ちょっと前にやったから不安)

$ source ~/.bash_profile

SQLite本番

ここからやっとSQLiteの使い方。

DBの開き方

さてさて、ファイルを指定して開きます。

$ sqlite3 db/development.sqlite3
SQLite version 3.14.2 2016-09-12 18:50:49
Enter ".help" for usage hints.
sqlite>

show database

> .database

見栄えよくする

> .header on
> .mode column

show tables

> .tables
sqlite> .tables
table1 table2
table3 table4

select

> select * from hoge;
id          column1       column2        column3
--          --------       ---------       ---------
 1           aaaaaaa       bbbbbb         ccccccc
 2           ddddddd       eeeeee         fffffff

insert

> insert into hoge (id, column1, column2, column3) values (3, "ggggg", "hhhhh", "iiiii");

一旦。