読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

xengineer’s diary

結果、メモ的な内容になっています。

テザリングで作業前に準備するもの

そのまんまですが。

テザリングで作業すると、どのくらい通信発生してるのかわからなくて

ビクビクしながら作業することになります。(なりました)

それで、世の中の方々がどうしてるかグーグル先生に聞いてみました。

その1. TripModeを使うべし!

ottan.xyz

www.tripmode.ch

$7.99だけど、命の源パケット様が止まるよりは安いと思います。

何をしてくれるツールかというと、テザリング時に、自端末と外部との通信量の

合計と、アプリ毎の通信量をみれるようになるのです。

便利便利。あまりにも通信量が多いアプリは、通信禁止にもできるし、最高です。

タスクバーに常駐してくれてるので、突然通信量増えたりしてもすぐにチェックできる優れもの。

その2. Bandwidth+ も便利!

これは、itunes store探してたらでてきたやつ。

Bandwidth+

Bandwidth+

  • Harold Chu
  • ユーティリティ
  • 無料

まぁ、これも便利。

でもTripModeがあれば使わないかも。通信量の確認が主な機能で、

XXGBまであとどのくらい、的な確認もできるけど、通信制限はできないので、

その辺は自分で管理しましょう。

あとは、システム環境設定から、ちゃんとアプリの自動更新を切ったり、不要な通知を

切ったり、その辺の設定をちゃんとしておけば、そこまで通信が増えることもないでしょう。

これで安心テザリング

終わり。