読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

xengineer’s diary

結果、メモ的な内容になっています。

Dropbox様ありがとうございました!



昨年のAd:tech東京(アドテック東京 公式サイト)に行ったときに、

 

 

Dropboxブースをうろうろしていたら、くじ引きで、一等が当たりまして。

 
 
ロサンゼルスにいってまいりました。
 
 
(サンフランシスコ往復ペアチケットだったんだけど、我儘言って変更してもらったりしました)
 
 
今回はDropbox様ありがとうの感謝と、海外にいってきたよ!の記録だけのブログですw
 
 
まずは、こんな賞をくれたDropbox様(Dropbox - About Dropbox)に感謝感謝。
 
 
普段からよく利用させていただいております。
 
 
ちなみに無料プランで、容量沢山使いたい方はこれをみるといいことがあるかと。
 
実は、新婚旅行もいかないまま、結婚から、、、えーと、、、5年も過ぎまして。
 
 
当たったのも何かの思し召しだろうということで、仕事もしながらいってまいりました。
 
 
いったところの話は別途、として、今回の旅行で感じたことを書こうかな。と。
 
 
普段、海外とかまーーーーーったくいかないわたし。 
 
 
そんなわけで、今回アメリカにいってみて「自由の国」にすこしだけ触れてきました。
 
 
ホテルでスレちがえば、「はろー」と声をかけてくれる。
 
 
エレベータで一緒になれば、「ここはいいホテルだね。妻の手術のあとにきてるんだけど、最高だよ」とか、ニコニコしながら気軽に話してくれる。
 
 
店員さんに質問しても、みんな各自テキトウな回答がかえってくる。
 
 
みんな自由。とてもフリーダム。
 
 
日本だったら、信号待ちで話しかけられたら、「うお、なんだこのおっさん」と感じる人が多いだろうな。
 
 
アメリカが良い、日本が悪い、ということではなく、
 
 
きっと、国土、文化、風土によって、人はこうも変わるんだなぁ。と。
 
 
そしてその中でもすごく感じたこと。
 
 
みんな、サービス精神がね、旺盛なんです。自由が反映されてるんだろうな。
 
 
サービスのキメ細かさとか、まとまりでいうと間違いなく日本のほうがすばらしい。
 
 
でも、豪快さとか、楽しませようとする気持ちがすごいなぁ、と感じました。
 
 
f:id:xengineer:20160616092909j:image 
そんな豪快なサービス精神の結果がこれ。
 
いや、うん。これは結構きつかった。サイズ感がわからない写真ですが、
 
構造的には、下記のような構造でして、3人くらいで食べられるやつです。
 
[普通のケーキ] + [ホイップクリーム on アイス] + [普通のケーキ] + [ホイップクリーム on アイス] + [普通のケーキ]
 
でかすぎる。
 
 
 
 
f:id:xengineer:20160616093125j:image
この写真は、あのネズミ様。
 
 
 
ロサンゼルズということで、ディズニーランドにいったわけです。
 
 
丁度60周年記念ということもあってなのか、
 
 
ディズニーのキャラのからんでくることからんでくること、、、(笑)
 
 
キャラクターがいる店で朝ごはん食べたら、ご飯食べてる間に、7-8人くらいのキャラクターがテーブルに来てくれるわけです。
 
 
しかも、一回きて終わりじゃない。同じキャラが、何度も何度も。
 
 
うちの娘は、スーパー臆病者なので、最初は全然慣れなかったんだけど、
 
 
おかげさまで、店を出る頃にはキャラクターに夢中になってました。
 
 
お店を出て、その辺にいたPlutoに声をかけたら、散歩相手を探してるとのことで、
 
 
しばらく娘っ子と僕と三人で手を繋いで散歩してくれたり。(結構注目される)
 
 
本当にキャラクターまで自由な感じでしたわ。(日本はお客さんが多すぎてそんな余裕はない、というだけかもしれませんが)
 
 
ちなみに、日本のディズニーは、値上げ値上げで叩かれてますが、
 
 
アメリカのディズニーは今のTDLよりだいぶ高いです。
 
 
子供でもすごい高くて、パパ涙目でした。
 
 
でも、やっぱりすごく楽しませてくれる。
 
 
それを経験したあとだと、TDLも値上げして大衆遊園地的な位置づけではなくて、
 
 
少しがんばったご褒美的な位置付けに持ってってもいいんじゃないのかな、と思ってしまう。(現状も僕にとっては大衆遊園地な金額じゃないですが)
 
 
まぁそんな感じで自由の国を満喫してきたわけです。
 
 
何が言いたいかというと、国土やら文化やら風土やらで、人はとても変わるんだな、と。元々の人種もあるだろうし。
 
 
それで、そういうところに身を置くと、改めて自分との違いが少しわかったりする。
 
 
そう考えると、たまには海外に行って、違う文化に身を置いて生活して、
 
 
自分を知って、自分とは大きく違う人を知って、というのは大切な、
 
 
というか面白いことだなー、と思いましたとさ。
 
 
最後にまた、ドロップボックス様、ありがとうございました。
 
 
また、旅行のアレンジにご協力いただいた、大野様(社名出していいのかわからないので名前だけ)、大変ありがとうございました。
 
 
ホテルとかはね、Expediaでとりました。ロスのホテル高い。 
 
 
さて、帰ってきたし、仕事がんばりますか。
 
 
最後に、アメリカの肉。
f:id:xengineer:20160616093057j:image