読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

xengineer’s diary

結果、メモ的な内容になっています。

railsでmigrationのversionだけがconflictしてるとき

rails

はい、そんなときにどうしてるかメモです。

git でLGTMもらったので、意気揚々とmergeしようとしました。

f:id:xengineer:20150606202436p:plain

撃沈・・・rebaseします。

$ git fetch origin
$ git rebase origin/master
...
...
 13
 14 <<<<<<< HEAD
 15 ActiveRecord::Schema.define(version: 20150530030714) do
 16 =======
 17 ActiveRecord::Schema.define(version: 20150530152930) do
 18 >>>>>>> Added due_date column to order_sets table.
 19
...
...

そんな大したこともなく、migrationのversionだけぽい。 でもどっち残せばいいんだっけ? こんなときにも、↓↓の記事のコマンドが使えます。 railsのmigration状況を確認する - xengineer’s diary

$ rake db:migrate:status

database: /Users/xxxxxxx/yyyyyy/db/development.sqlite3

 Status   Migration ID    Migration Name
--------------------------------------------------
   up     20140601010547  Devise create users
  down    20150530030714  Add abc to users
   up     20150530152930  Add def to users

ま、当然新しいほう適用すればいいんですけど。 確認しないと心配なときはこれが使えます。

一件落着。